CAREER INTERVIEW

キャリア紹介

プロフェッショナル職ならではのキャリアの積み上げ方について、
ここでは、入社年度が同じ二人の社員の歩みをご紹介します。

前田 慎太郎

東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社 都市ES部
1998年度入社

中村 健一

エネルギー提案推進部
1998年度入社

01

前田 慎太郎

東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社
都市ES部
1998年度入社

CAREER

1年目:
神奈川事業本部 洋光台支社配属
6年目:
リビング開発 神奈川リビング開発部配属
10年目:
国内専門学校留学(日本工学院八王子専門学校)
12年目:
営業第二事業部 神奈川住設営業部配属
18年目:
営業第二事業部 住設第二グループ配属
21年目:
東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社へ出向

現在の仕事内容

再開発案件や病院、ショッピングセンターなどをターゲットに、エネルギーサービスの提案営業をしています。主な取引先は、開発会社や建設・設備会社などで、首都圏をはじめ、日本全国のエネルギー会社と一緒に提案を行います。商材が多数あり、お客さまのニーズに合わせてガスだけでなく、電力を含めた多様な提案を行うことができるのが仕事の魅力です。

主なキャリア転機

1年目

入社から5年間は、神奈川県の洋光台支社にて定期保安巡回、ガス開閉栓作業の仕事に従事。3年に一度、東京ガスをお使いのお客さま宅にお伺いし、ガス機器の設置基準の確認、ガス栓不具合時の修理対応、ガスの安全な使用方法のご説明、また経年劣化している機器については新商品のご提案をしていました。
もともと私は人と接する事が好きだったので、営業職希望でしたが、実際には営業というよりも保安業務に近い仕事だったので、入社当初は戸惑いもありました。ただ業務を遂行するうちに、保安業務はガス会社にとって非常に重要な職務だということに気づき、それ以来はお客さまと積極的にコミュニケーションを取り、お客さまの不安を取り除くことに専念するようになりました。

5年目

保安業務の重要は認識していましたが、やはり機器販売を主たる仕事にしたいと思い、現在の営業第二事業部の前身であるリビング開発部への異動を希望しました。今まではエンドユーザー営業だったので、お客さまと親近感を持って接していましたが、今度はサブユーザー営業となり、東京ガスの看板を背負っているプレッシャーから気持ちが折れそうになったことも。そんな時には先輩方にアドバイスをもらったり、同期に相談に載ってもらったりして乗り越えました。

9年目

当時の業務内容は、地元の不動産会社、設計事務所、工務店へTES(東京ガス温水システムセントラルヒーティング)や床暖房の営業でした。打合せ時には常に建築専門用語が飛び交い、最初は会話についていくのが精一杯。そんな中でも東京ガスの代表として、ガス配管設計をはじめ、建物へのガス設備配置や床暖房の敷設範囲など、建築のプロの方々から質問攻めに合うことも多々ありました。 そんな時に知ったのが会社の国内留学制度。営業スキルをアップさせ、建築のプロとも対等に打合せしたいと思い応募しました。
留学先である専門学校の学生は皆、建築関連の仕事を目指して学ぶ人達です。自分一人だけ社会人なので最初は戸惑いもありましたが、すぐに打ち解け、良きライバルとして切磋琢磨することができました。当時、知り合った人たちとは、先生も含め今でも定期的に情報交換を行う関係です。

20年目

ガス、電力の自由化が始まりお客さまのニーズが多様化していく中で、自身の提案がお客さまになかなか伝わらず営業手法を模索していました。そんな時に、東京ガスエンジニアリングソリューションズ(TGES)の話を耳にする機会がありました。ガスだけでなく、電力、バイオマス発電、再生可能エネルギーなど、様々な視点からお客さまへの最適提案をする仕事に共感し、自身のスキルをさらにアップさせたいと出向を決意。今までと全く違った業務内容の中、新人の気分に立ち返って仕事に向き合っています。部署のメンバーにも恵まれ、業務でわからないことは積極的に質問する姿勢を忘れず、お客さまとの打合せに臨んでいます。

今後の目標

東京ガスは今、お客さまの多様なニーズに応えるため、総合エネルギー会社へと変化しつつあります。私としても、「ガス会社だからガスだけ」と思われないよう、様々なエネルギーや商材を提案できる人材を目指したいと考えています。そのためにはガスの知識だけでなく、電気も含めグローバルな営業ができるよう英語力も身に付けていくつもりです。
まずは国内最大のエネルギーサービス会社として、広域エリアにおいて積極的にエネルギーサービスの良さをご提案し、TGESの知名度をアップさせることが私の使命だと考えています。また、海外にも積極的に営業を仕掛けている会社なので、持ち前のコミュニケーション能力を生かして、海外でのエネルギーサービス営業の業務にも関わりたいと思っています。

02

中村 健一

エネルギー提案推進部
1998年度入社

CAREER

1年目:
中央事業本部 新宿支社 お客さまサービスグループ配属
2年目:
中央支店 お客さまサービス第2グループ(中野)配属
4年目:
中央支店 カスタマーSC 中野サービスグループ配属
6年目:
東京ガスカスタマーサービス(株)出向
12年目:
国内専門学校留学(日本工学院八王子専門学校)
14年目:
北支社 北部営業計画部 協力企業支援グループ配属
15年目:
ライフバル推進部 首都圏東リビング統括部 北部営業支援グループ配属
15年目:
ライフバル推進部 首都圏東リビング統括部 東部営業支援グループ配属
18年目:
ライフバル推進部 営業支援グループ配属
20年目:
エネルギー提案推進部 エネルギー提案第1グループ配属

現在の仕事内容

企業に対して電力営業をおこない、その企業が所有している物件の電力契約を獲得するのが主な仕事です。営業第一事業部の営業パーソンと連携して、主に不動産仲介の会社と業務提携を結び、引越時においても当社を選択していただけるように進めています。
また、東京ガスグループの総合エネルギー提案の社内窓口となっている職場でもあるので、各部・グループ企業で電力に関する勉強会を実施するなど、電力販売を定着させる取り組みにも主体的に取り組んでいます。

主なキャリア転機

1年目

最初に配属された新宿支社では定期保安巡回を担当。一般のご家庭や飲食店などの店舗、事務所といった東京ガスの都市ガスを利用しているすべてのお客さまの元に3年に1度訪問して、ガス漏れ検査・ガス機器の給排気調査を行うというものです。この業務では保安の確保が最優先であり、ガス機器や設備に関する専門的な知識と、お客さまに安心と信頼をお届けするコミュニケーション力が必要とされ、入社して間もない私にとっては様々なお客さまと接することのできる日々の業務が貴重な経験となりました。
また、作業を終えた際にお客さまから「安心した」「ありがとう」などの言葉をいただけることが、私にとって何よりのモチベーションとなりました。現場では訪問する先々でお客さまに快く迎え入れていただき、先輩方がこれまで築き上げてきた東京ガスブランドの素晴らしさを実感したことも憶えています。

3年目

これまで保安の確保とお客さま満足の向上に取り組んでいましたが、一方で、職場の先輩たちに目を向けると、皆がそれぞれ“営業力”や“技術力”といった「強み」を持っていて、それを現場で活かしている姿が気になるようになっていました。「このままでは先輩たちに近づくどころか差をつけられてしまうのでは?」という危機感を持つように。 そこで私も年代の近い先輩たちからアドバイスをもらいながら、目標を達成するために目的意識を持って仕事に取り組むようになりました。この時の気づきから、今でも周囲に負けない「強み」を持つことを意識して仕事に向き合うようになりました。

10年目

定期保安巡回・検針・料金収納のカスタマー業務が外注委託されたことに伴い、2004年〜2008年まで東京ガスカスタマーサービス(株)中野事業所に出向していました。この期間は安全点検・料金収納業務を担当。また、東京ガスグループの地域のサービス窓口であるエネスタからの出向社員の方々へ、技能を伝承するというミッションも担っており、人に何かを教え伝えることの難しさを強く実感した時期でもありました。それでも、不器用ながら一つひとつ丁寧に業務内容を伝えているうちに、互いに信頼関係を構築することができたと思います。
また、時代の変化によってお客さまからのニーズがこれまで以上に多様化してきたのもこの頃で、私も30歳を目前に自分のキャリアを真剣に考えるようになり、より専門的な知識や技能を習得する必要性を強く感じ始めていました。

14年目

2011年4月より配属された北支社北部営業計画部では、グループ企業である東京ガスライフバルの営業支援業務に従事。主なミッションは家庭用燃料電池エネファームの普及促進のために、ライフバル各店が掲げる販売台数目標を達成するための営業・施工を支援するというものです。
当時は東日本大震災の直後でしたので、家庭のエネルギーの在り方を考えてエネファームの購入を検討するお客さまが多数いらっしゃいました。ただ、価格が今以上に高額だったので一様の提案ではお客さまに納得していただくことが難しく、一人ひとりに合った魅力ある提案ができるよう、ライフバル営業パーソンと連携して何度もお客さまのところに伺って折衝させていただきました。大変な仕事でしたが、ライフバルの営業パーソンと一緒に目標をクリアできたときには、自分一人では得られない達成感を感じることができました。

20年目

現職のエネルギー提案推進部では、提案先の企業が所有する施設・物件の電気料金削減の提案を行ったり、不動産仲介・引越し関連の企業とアライアンスを組んで顧客を紹介してもらい、当社の電力に切り替えていただくというような業務をしております。
電力自由化により他の新電力事業者と競合することも多々ありますが、これまで経験してきたエネファームの営業支援業務で培った経験を活かしながら、当社の電気を選んでいただけるような提案を実現できていると思います。チーム内では期待される役割も多くなり、業務が円滑に進められるように、また全体の目標が達成できるように、工夫しながら牽引役となって日々奔走しています。

今後の目標

近年では電力・ガスの小売りが全面自由化となり、様々な企業がエネルギー販売に参入してきたことで競争が激化しています。各社が様々なサービスを展開するなか、お客さまもこれまでと同じサービスでは満足していただくことは難しく、当社が培ってきた安心・安全・信頼のブランド価値に加えて、お客さま一人ひとりに合ったサービスの提供が必要です。その点、これまでの経験を活かして多くのお客さまに喜ばれるようなサービスを提供していきたいですし、社内に対してもコミュニケーションを大切にして、後輩をはじめ周囲から信頼される人材となり組織の牽引役となれるよう努力していきます。