company_logo

60分の自由なプレゼンで入社!?
「東京ガスなんて興味ない。」
そんなあなたと出会うために。 フリースタイル採用募集します! フリースタイル採用募集します!

こんにちは!
人材開発室の渡辺沙也香と申します。
東京ガスの「フリースタイル採用」を担当しています。

エネルギー業界は「自由化」で大きな変化の時を迎えました。
でも私は、自由化なんて目の前のことじゃなくて、もっと先の将来を想像しています。
20年、50年たったら、東京ガスってどんな会社になっているだろう。

東京ガスはこれから、どんどん変わっていきます。
ただのインフラ企業に留まらず、世の中に大きな影響を与え続けることができる、そんな会社を目指したい。
私たちは本気でそう思っています。

では、そのためには、これからの東京ガスにどんな人材が必要だろう。

それは、
東京ガスのことなんて全然知らなくても良いから、
「先の見えない道を、自分ならではの方法で切り拓きたい」
「高い壁も深い谷も、果敢にチャレンジしたい」
そんな人たちだと思っています。

そんな学生と出会うため、私たちだって枠を超えていこう!
という思いからこの「フリースタイル採用」が誕生しました。

60分間で、私たちにあなたの魅力を存分に教えてくれませんか?
東京ガスっぽくない、そんなことは気にせず等身大のあなた自身を、是非魅せてください!
そして、東京ガスというフィールドを使って、あなたのやりたいことを一緒に実現しませんか?

様々な分野で活躍中のフリースタイル採用若手先輩社員と共にお待ちしております!

人事部人材開発室
渡辺 沙也香

社員紹介
応募要項
フリースタイル社員対談

社員紹介

フリースタイル採用入社の先輩社員をご紹介します。
どんな思いで就活に臨み、どんなことが決め手になったのか? 興味深いトピックが満載です。

  • Minami Oshio
    Minami Oshio 文教育学部 / 人間社会科学科

    学生時代は学業の傍ら、リクルートなどの企業で社会人と共に働きながら、自身でもサービスを立ち上げては飛び込み営業を行い受注するなど活動をしていた。商社、外資系コンサル、広告代理店などからオファーがあったが、今の自分にとってどこに進むのがクレイジーか、という軸で一番自分らしくない会社に進むことを決め、当初は全く興味のなかった東京ガスに入社。入社後も自分の事業を続けている。

    学生時代は何をしていましたか?

    実は私、仮面浪人をしたんです。高校卒業後入学した大学では自分の本当にやりたいことが出来ないことがわかり、遠回りしてでも途上国の勉強をしたいと仮面浪人を決意し、希望の大学に再入学。途上国の開発について国内外の研究を読み漁ったり、実際にネパールにフィールドワークへ行き現場を見ないと分からないことが多いことに気付いたりと思いっきり学びました。

    その後もっと広い世界を知りたくなり、企業で働こうと考え、まずは自分の原体験から最も興味のあるキャリア教育に携われるマイナビに1年ジョインし、Webサイト改善やイベント企画運営を行っていました。その後自分でキャリア教育の事業をやりたくなり、でも分からないことだらけだったのでまずは先人に学ぼうと考え、新規事業ならばリクルートと思い知り合いに働きたいと連絡をしてみました。

    その結果、全社の新規事業立案制度を運営する部署に1年半在籍し、アイデアソンなどのイベントの企画運営などを一人で行っていました。失敗したことももちろんあったのですが、当時学生であった私に普通だと考えられないほどチャレンジをさせてくれた先輩や上司には本当に感謝しきれません。

    さらに学部2年次からは個人事業を始め、自分で1000円稼ぐことの難しさに悩みつつも、自分の強みを活かしてお金を稼ぐ面白さも知り、学生なんてリスクがない立場なんだから好きなことに熱中しないほどもったいないことはないなと思いました。

    現在のお仕事について教えてください。

    様々な会社と悩んだのですが、最終的に5年後の自分の姿が一番見えず、逆に見えない道を自分で切り拓いていけるのは面白いのではと思い当社に入社しました。

    入社後新規事業開発部署に配属となり、現在は空き家ビジネスを担当しています。昨年は予防医療、民泊、葬儀など様々な分野の事業を検討していて、ガス会社にいることを忘れることもよくあります(笑)空き家ビジネスは自社の強みを存分に活かしているビジネスモデルで、もちろんそれに至るまではかなり大変なことがありましたが、今は事業化を見据えたテストを実施しているのでわくわくします。

    また、通常業務以外でも新しいことをやりたく、昨年入社1年目の自分たちだからこそ就活生の気持ちが分かるはずだ、と思い人事部に直談判し、同期を集めて完全有志で採用イベントを企画したんです。終業後や土日に集まっては議論を重ね実質1、2カ月で0ベースから作り上げました。やらされていることではなく自発的にはじめたことなのでメンバーの熱量がすごかったですね。結果、就活生から大好評のイベントだったと人事から聞いています。

    たとえ新人であろうとも、自分がこれはやるべきだと思ったら声に出し、メンバーを集め行動に移す、これは私のモットーなのでこれからも続けますし、いつか東京ガスで当たり前になったらいいなと思います。

    今後取り組みたいことを教えてください。

    東京ガス内で直近で成し遂げたいことは2つです。1つ目は空き家ビジネスの事業化。実際に空き家所有者に自分たちでヒアリングを重ねてきたのですが、本当に救いたい方の顔が何人も目に浮かぶんですよね。今後も様々な課題が出てくると思うのですが、何が何でも事業化させたいです。

    2つ目は東京ガスにおいて「複業」を解禁するために尽力すること。私は入社時に交渉し、特例として複業を認めていただいたのですが、多分社内に自分も実はやってみたいと思っている人がいると思うんです。そのために私が先人として制度を整えていきたいんです。それが特例として認めていただいた会社への恩返しだと思います。

    そして長期的にみると、30歳までに自分が本当にやりたいことに舵をきりたいので、そのために今個人で立ち上げているFemtechサービスに力を入れたり、会社では出来ない様々なことに挑戦したいです。

    いつ人生が終わるかなんて正直わかりません。だからこそ私は自分の好きなことを見つけ、熱中し、人生や仕事に繋げたいと思っています。

  • Yuta Makanai
    Yuta Makanai 環境情報学部 / 環境情報学科

    斜に構えニスト。インターネットが大好き。フロントエンドがチョットワカル。Facebookの友達が多い。写真が趣味でいいねがつくのが嬉しかったが、1000いいねを超えたあたりで挫折。情報系の学部で周囲がIT系のコンサルやメガベンチャーに就職を決める中、せっかくなら逆張りしようと東京ガスに入社。最近は丁寧な暮らし系YouTuberにハマっており、動画を見ながら一緒にご飯を食べるのが至福。

    学生時代は何をしていましたか?

    斜に構えた物言いになってしまいますが、取り立てて頑張ったと言える経験はなく、ひたすらインターネットをしていました。スマートフォンが一気に普及した頃で、本当にインターネットが楽しかった。もっと昔を懐かしむ声を目にすることもありますが、自分は本当に2010年代のインターネットと大学生活を送ることができて幸せでした。

    大学ではデザインやプログラミングの講義を始め、社会学や政治系の講義もつまみ食いしながら単位を取得していました。あまり上手に大学を活用できず、防災をテーマにしたWebサービスを企画して実装する課題で、公開APIをつなぎ合わせた簡易なサービスを作った程度で、学内外で活躍する知人友人とは実績も実力も比べるに及びませんでした。

    一方で、友人とシェアハウスを立ち上げたり、ブランドストーリーやコミュニケーションクリエイティブを制作する会社にお世話になったり、写真を撮ることが得意だったので、それを起点に学生の身分に甘んじて面白そうな匂いのする所へとにかく足を伸ばしていました。つまみ食いばかりでしたが、素敵なたくさんの出会いに恵まれました。

    現在のお仕事について教えてください。

    家庭用分野のデジタル戦略を策定・実行するグループで、会員サイトを中心にWebに関わる業務を担当しています。新しい機能の拡充や既存機能の改善、コンテンツやキャンペーンの企画から運用、バナーやランディングページのディレクション、BIツールを使った実績の分析まで、何でもやります。

    自由化によって誰でも自由に電力会社・ガス会社を選べるようになりました。せっかくいいエネルギーを提供できていても、Web上のサービスの使用性の低さがネックとなって選んでいただけないようなことがあれば、それはとても残念なことなので、使命感もやりがいもあります。お客さまのお声もダイレクトに頂くので、励みになります。

    学生時代にプロダクションの立場でWebに触れた経験があっても、バックエンドのエンジニアリングのことはさっぱりで、ビジネスの場で会話ができるかとても不安でしたが、先輩や協力会社の方にも助けていただき、今はどうにか現場を回すことができています。少しでもWebに触れたことがあれば、若手でも充分に活躍できる環境であると思います。

    今後取り組みたいことを教えてください。

    正直に言うと、大学受験が終わって以来、目標がありません。大学での学びも、課外での活動も、就職活動も、常に合理的と思える方を選択しましたが、自然増する経験値で手の届くところをつまんできたに過ぎず、及ばないものに対して努力をした試しがありません。これを寂しいと感じた時もありましたが、今はその心の余裕に救われています。

    仕事で取り組む領域はインフラであり公益事業ですので、極めて多くの方に普遍的な価値を安定的に届けることを前提にしたものですが、個人としては家族を含めたごく少数のニッチな領域やコミュニティで、自分が良いと思ったものを作り続けていきたいです。それは写真や映像でも、Webサービスでもリアルプロダクトでも、形にこだわりはありません。

    自分の力量が足らないこともあり、まだ上手にそのサイクルが作れていないので、まずは自分の生活を見直すところから始めています。どうしても会社の中にいると仕事の役に立たつこと以外への興味が削がれてしまうので、積極的に仕事と距離が遠いものに触れることも大切にしていきたいと思います。

  • Gakuyo Tomita
    Gakuyo Tomita 文学研究科 / 中国文学専攻

    なんでも極めます職人。少年時代は折り紙作品の制作に没頭。大学では中国語を猛勉強しアジア諸国を旅歩く。最近は映像表現の世界にも足を踏み入れる等、「やるからには極める」主義で自分の強み領域を広げていくのが楽しみ。「今度は、これまで自分が想像もしていなかった分野を極めたい」そんな想いからフリースタイル採用に挑戦。新規事業開発を行う部署で、自らの次の道を模索する。

    学生時代は何をしていましたか?

    私は「折り紙」が趣味です。折り紙は、一枚の正方形でも何重にも折り進めることでドラゴン等の複雑な作品を創り出せることから、どんな分野でも全力で極めれば面白い世界が見えるということに気付かせてくれました。この経験から、学生時代は「さまざまな分野を極め、自分の強み領域を拡大する」ことに熱中しました。

    大学で初めに極める対象にしたのは「中国」です。対中イメージが厳しい当時の日本で、「皆が距離を置く存在にも面白い世界を見つけられたら」という好奇心から中国語を選択しました。猛勉強の末、中国語試験HSKの最高難度の6級に合格し、実践の場として毎年中国各地へ旅に出ました。

    また、旅の途中で出会った光景を他者に伝える手段として今度は「写真」を始め、技術を磨くうちに写真コンテストで入賞するまでに上達しました。更に写真をきっかけに「伝える技術」の魅力に気付くと、次のフィールドとして「動画制作」の世界にも踏み込み、友人からの制作依頼等を通じて表現力を高めていきました。

    興味を持った分野に全力で打ち込み一定の技術を習得、更に習得した技術を足掛かりに別のフィールドに挑戦していく。学生時代に培った、自分の世界を広げる成長サイクルです。

    現在のお仕事について教えてください。

    「なんでもやりたいです!」とだけ言って配属された新規事業開発のグループ。一般家庭向け新サービスの開発部隊です。担当業務は、契約書の締結から関連市場の分析やユーザーニーズ調査、サービスアイデアのブレストまで本当に様々。「ガス・電気に次ぐ収益の柱を立てる」というミッションの中、ワクワクと緊張感をもって業務に取り組んでいます。

    また、担当業務以外にフリースタイルとしての個性を活かした仕事もやらせていただいています。印象に残っているのは、社内の展示会用に、所属チームのサービス紹介動画を自主制作したことです。当初制作会社に外注する方向で話が進んでいたのですが、「僕がつくります!」と思い切って上司に提案。通常業務と並行して制作し、無事公開。外注費削減に貢献するとともに、来場者から「どこに発注したの?」と真面目に言われるほど好評をいただきました。

    上司や先輩には「フリースタイルとしての個性」を認められた上でチャンスをいただいています。組織内では「異質」の存在でありながら居心地の悪さが全くないのは、上司や先輩がどの方も優しく優秀だからです。様々な面で温かくサポートしていただき、感謝してもしきれません。

    今後取り組みたいことを教えてください。

    まず、短期的な目標は「デザインの洗練」です。たとえば日々の会議で目に入る社内資料はどれも論理的で分かりやすいですが、左脳で理解する文字中心の画面作りで、レイアウトや配色など視覚的な表現については課題があると感じます。ものづくりにこだわってきた右脳人間の視点から、より視覚的に整ったデザインに、誰でも気軽にアクセスし活用できる環境を提案したいです。

    長期的視点での目標は、「お客さまに驚きを届けるサービス・コンテンツ」を東京ガスの名で世に出すことです。東京ガスが100年以上主力事業としてきたガス供給は、お客さまに「安心」の価値をお届けするもの。安心してガスが使用できる環境を整えることで、お客さまから「感謝」をいただいてきました。私が目指すのは「東京ガスってこんなこともできたんだ!」という「驚き」を届けし、お客さまから「感動」をいただく世界です。なくても困らない、けど、あったら人生がもっと面白くなる。そんなものを作りたいです。

    この夢の実現のために、私はまず周囲の友人や職場の方々に驚きを提供できるよう心がけています。趣味の作品制作や日々の業務を通して、小さなところから驚き提供経験を積み重ねていきます。

  • Itsuko Yamamoto
    Itsuko Yamamoto 法学部 / 政治学科

    MADE IN JAPANのバイリンガル。まだ見たことのない世界を自分の目で見たい、と機会を見つけては現地へ足を運ぶ学生生活を過ごす。好奇心に対する行動力はイノシシ並み(?)大学では国際政治を学ぼうと思っていたが、自身の日本への知識不足に気づき日本政治のゼミを専攻。フリースタイル採用をきっかけに東京ガスに入社。

    学生時代は何をしていましたか?

    高校時代、持続可能な社会とイノベーションをテーマにしたユース交流プログラムに派遣され、国際的なことや社会づくりに興味を持つきっかけになりました。

    感覚・直観先行型(practice-first)で、大学時代の前半は人や新しいものへの出会いを求め、さまざまなプログラムにチャレンジしていました。フランス、スペイン、フィンランド、スウェーデンへ。そんな経験から、実戦と裏付けの両方が相互に作用し物事が完成していくことを実感しました。

    そんな折、尊敬できる教授との出会いがあり、大学時代の後半はゼミに没頭しました。飛び回っていたpractice-firstな大学時代の前半とは対照的に、後半は物事をじっくり学び、知ることの大切さを実感しながら、“裏付けとなる力”をつけることに邁進するacademiaな日々を送っていました。

    現在のお仕事について教えてください。

    現在、海外事業部にて欧米エリアの再生可能エネルギー事業を対象とした投資及びM&A業務の担当グループに所属しています。法律や会計、ビジネスに関する知識が要求され、ミーティングで飛び交う専門用語をひとつひとつ調べることからのスタート。まさに悪戦苦闘の日々です。

    また、事業規模が大きいがゆえに、プロジェクトの完成図(ビッグヴィジョン)をイメージすることの難しさに直面することがありますが、海外出張で現地を見て回り、プロジェクトが生き生きと創り上げられる現場に立ち会い、日々の業務の位置付けを再確認することで、机上の業務に真摯に向き合う原動力になります。

    今後取り組みたいことを教えてください。

    持続可能な社会の実現に貢献する事業の立案や創造。壮大なビジョンですが、生活の基盤となるライフラインと社会との関係において不可分に融合させるべきテーマだと考えており、選考のプレゼン会でも話しました。フリースタイル採用という一風変わった出会いを可能にしてくれたテーマであり、常に中枢に据えておきたい軸でもあります。

先輩社員の声

フリースタイル採用で内定した先輩たちにエントリーしたきっかけや東京ガスに決めた理由を聞いてみました︕

フリースタイル採用にエントリーしようと思ったのはなぜですか?

元々人材会社と現在の新卒採用の仕組みを変えようとする企画を行っており、その時にフリースタイル採用を知り、あの東京ガスがこんな面白い取り組みを!?どんなものなのか見てみたい、という不純な動機で受けました。

選考方式とキャッチコピーに惹かれました。プレゼンが好きだったので1時間じっくり話を聞いてもらえるのは良いと思ったのと、「東京ガスに興味ない人求む」という言葉を見て「あ、興味ない!応募しよう!」と思いました。

SNSでの広告バナーの「東京ガスに興味のないあなたへ。」というコピーが、東京ガスに興味のなかった自分に届いたことに感動し興味を持ちました。いい意味で東京ガスらしくない、挑戦的な採用方法に好感を持ちました。

東京ガスに決めた理由はなんですか?

数年後の自分の姿が見えなかったので面白いと思ったからです。例えば外資コンサルへ進んだ場合は、転職するつもりだったので、自身のキャリアが既に描けている感じがあり決められたコースを進むことのつまらなさを感じていました。

自分の想像と全く違う世界に飛び込む面白さを感じたからです。元々ものづくりへの想いからメーカーやIT業界を志望していましたが、本当にそれでいいのかという疑問も感じていました。

他社は大量採用の枠の一人であったことに対し、東京ガスでは若干名の枠に選ばれたことが嬉しかったからです。

フリースタイル採用 応募要項

フリースタイル採用の選考は、筆記試験なし、通常の面接もありません。
A4サイズ1枚のプレゼンシートを提出頂き、1時間使って自由にプレゼンテーションをしていただきます。

採用予定人数 採用予定人数

若干名

選考方法 選考方法
プレゼンシート提出 1 プレゼンシート提出

2 プレゼン会

3 最終面接
プレゼンシート プレゼンシート

プレゼンシートを見て私たちが「あなたに会いたい」と思った方を、 プレゼン会にご招待します。テーマ、表現方法は自由。文章でも、 絵でも、写真でも、自由にあなたの強みを表現してください。 想いのこもったプレゼンシートをお待ちしております。

プレゼン会 プレゼン会

時間は60分。プレゼン方法は自由。 思う存分あなた自身を表現してください。

※通常選考との併願はできません。ご了承ください。
職種については、内々定後に文系職または理系職に決定させて頂きます。
※応募資格等については、以下URLの「応募要項」と同等です。
(職種により異なる箇所は、文系職・理系職の方をご覧ください。)
https://www.tokyo-gas-recruit.com/recruit/requirements.html