company_logo

「東京ガスなんて興味ない。」
そんなあなたと出会うために。
フリースタイル採用募集します! フリースタイル採用募集します!

こんにちは!
人材開発室の河合愛実と申します。
東京ガスの「フリースタイル採用」を担当しています。

エネルギー業界は「自由化」で大きな変化の時を迎えました。
でも私は、自由化なんて目の前のことじゃなくて、もっと先の将来を想像しています。
20年、50年たったら、東京ガスってどんな会社になっているだろう。

私は東京ガスを、ただのインフラ会社にとどまらず世の中に影響を与え続ける会社にしたい。

そのために必要なのはどんな人材だろう。

それは、
東京ガスのことなんて全然知らなくてもいいから、
「先の見えない道を、自分ならではの方法で切り拓きたい」
「高い壁も深い谷も、果敢にチャレンジしたい」
という人材だと思っています。

そんな学生と出会うため、私たちだって枠を超えていこう!
という思いからこの「フリースタイル採用」が誕生しました。

あなたのインフラっぽくない魅力を存在価値にして、東京ガス「フリースタイル採用」に挑戦してみませんか。
東京ガスに自分は合うのかな、なんて気にせずあなたの強みを魅せてください。
様々な分野で活躍中のフリースタイル採用入社1、2年目の先輩社員と共にお待ちしております!

人事部人材開発室
河合愛実

フリースタイル採用 応募要項

採用予定人数 採用予定人数

若干名

選考方法 選考方法
プレゼンシート提出 1 プレゼンシート提出

2 プレゼン会

3 最終面接
プレゼンシート プレゼンシート

プレゼンシートを見て私たちが「あなたに会いたい」と思った方を、 プレゼン会にご招待します。テーマ、表現方法は自由。文章でも、 絵でも、写真でも、自由にあなたの強みを表現してください。 想いのこもったプレゼンシートをお待ちしております。

プレゼン会 プレゼン会

時間は60分。プレゼン方法は自由。 思う存分あなた自身を表現してください。

※通常選考との併願はできません。ご了承ください。
職種については、内々定後に文系職または理系職に決定させて頂きます。
※応募資格等については、以下URLの「応募要項」と同等です。
(職種により異なる箇所は、文系職・理系職の方をご覧ください。)
https://www.tokyo-gas-recruit.com/recruit/requirements.html

フリースタイル採用 内定者の声

フリースタイルで出会った魅力的な仲間。
内定した彼/彼女はどんな思いで就活に臨み、どんなことが決め手になったのか?
興味深いトピックが満載です。

どんな仕事をしたいと思っていましたか?

M.O. : 広義的に言うと、世の中が抱える課題を少しでも解決できるような仕事に携わりたいと思っていましたが、最初は何でも与えられた仕事をし、その中でやりたいものを見出していきたいと考えています。

G.T. : 幼少期からいろんなものを作るのが好きだったので、ものづくりを通じて人々を感動させられるような仕事ができたらいいなと考えていました。

Y.M. : 「自身のキャリアアップにつながること」という意味で、実務に携わりながら視野を広げるために様々な業界のことを知ることのできる仕事ができたらと思っていました。

もともと東京ガスは就職先として候補にありましたか?

M.O. : 全くありませんでした(苦笑)。もちろん会社名は知っていましたが「お堅い会社・ガスに興味がない・私のようなガツガツ系には向いていない」という理由で候補に入れていませんでした。候補に入ったのは内々定をいただいてからです。

G.T. : 全くありませんでした。フリースタイル採用を見つけなければご縁がなかった企業だと思います。

Y.M. : 電力・ガス自由化の動向に興味はありましたが、候補には全く入っていませんでした。

フリースタイル採用にエントリーしようと思ったのはなぜですか?

M.O. : 元々人材会社と現在の新卒採用の仕組みを変えようとする企画を行っており、その時にフリースタイル採用を知り、あの東京ガスがこんな面白い取り組みを!?どんなものなのか見てみたい、という不純な動機で受けました。

G.T. : 選考方式とキャッチコピーに惹かれました。プレゼンが好きだったので1時間じっくり話を聞いてもらえるのは良いと思ったのと、「東京ガスに興味ない人求む」という言葉を見て「あ、興味ない!応募しよう!」と思いました。

Y.M. : SNSでの広告バナーの「東京ガスに興味のないあなたへ。」というコピーが、東京ガスに興味のなかった自分に届いたことに感動し興味を持ちました。いい意味で東京ガスらしくない、挑戦的な採用方法に好感を持ちました。

東京ガスに決めた理由はなんですか?

M.O. : 数年後の自分の姿が見えなかったので面白いと思ったからです。例えば外資コンサルへ進んだ場合は、転職するつもりだったので、自身のキャリアが既に描けている感じがあり決められたコースを進むことのつまらなさを感じていました。

G.T. : 自分の想像と全く違う世界に飛び込む面白さを感じたからです。元々ものづくりへの想いからメーカーやIT業界を志望していましたが、本当にそれでいいのかという疑問も感じていました。

Y.M. : 他社は大量採用の枠の一人であったことに対し、東京ガスでは若干名の枠に選ばれたことが嬉しかったからです。

東京ガスでやりたいことはなんですか?

M.O. : 将来的には、東京ガス=ガス会社、というイメージを払拭出来るような新しい事業を創り上げ、世の中の社会課題を解決したいと思っています。いわゆる新規事業を世に送り出している会社を追い抜かす勢いで様々な分野に進出していければ、という野望を持っています。

G.T. : お堅い、真面目な東京ガスのイメージを良い意味で刷新できるような仕事がしたいです。広告でもプロダクトやサービスの開発でも手法はなんでもいいですが、「東京ガスってこんなこともできたんだ!」とお客様に感動してもらえるようなものを世に出したいです。

Y.M. : 自由化という業界の転機を好機と捉え、東京ガスとして利益をあげることで最終的には社会に還元したいです。円滑な変革への対応をする上で自分は、特にWEB領域での営業戦略をデザインしたいと考えています。

人生で成し遂げたいことは何ですか?

M.O. : 世界平和(戦争体験者の記憶を記録として残し、もっとフラットに歴史について様々な国の人と話せることが出来る社会)をWebを使って作り出すことです。

G.T. : 自分の創り出す、携わるコンテンツを通して、世の中の人々に感動や驚きを与えたいです!

Y.M. : 子供がほしいです。そして最大限の教育投資をしてこの成熟社会を強く生きていってほしいと思います。そうして次の世代へ確実に命をつなげることが、大げさなようですが自分の使命であると思っています。