国の関係機関や事業者と協議して
改革のまっただ中にある電力事業の制度を構築

生産

電力事業計画・
エンジニアリング

INTERVIEW WITH

TAKAHIRO YAGI

電力本部 電力事業部 電力企画グループ

八木 貴大

2012年度入社
工学系研究科 電気系工学専攻

入社動機

学生時代に電気工学を専攻していたことから、電力を含めたエネルギー関連企業を中心に活動。その中でも、どのような発電所をどこにつくるかといったグランドデザインを考えられる仕事をしたいと考え、ユーザー企業であることを重視した。総合エネルギー事業への積極的な取り組みに「攻め」の姿勢を感じたこと、電気・ガス・再生可能エネルギーなど多様なエネルギー源を活用するベストミックス(3E+S)を推進する姿勢に魅力を感じたことで、東京ガスを志望。加えて、電気工学出身者が、電力会社よりもガス会社の方が活躍できるのでは、という考えもあった。

CAREER

  • 2012年技術開発本部 商品開発部 スマートエネルギーハウス開発グループ
  • 2013年~2014年スマエネ推進部 スマエネエンジニアリンググループ
  • 2015年営業イノベーションプロジェクト部 スマエネエンジニアリンググループ
  • 2016年~2017年エネルギーソリューション本部 ソリューション技術部 スマエネエンジニアリンググループ
  • 2018年電力本部 電力事業部 電力企画グループ

01

電力事業部における八木さんの
ミッションを教えてください

電力本部は、東京ガスの電力事業を担う部署です。その中で私は、電力システム改革に伴う制度対応を行っています。電力事業は今、大きな転換期を迎えています。再生可能エネルギーの大量導入が進展するとともに、新規参入者が増え、さらに新しい電力市場が生まれるなど、日進月歩で変わっていることから、それぞれに適した制度の創設や改革が必要です。そこで、有識者や電力広域的運営推進機関といった中立団体、国の関係機関などに赴いて意見を交わし、事業者として実務的な面から制度改革に対する提案をしています。

具体的には、審議会や担当者会議に備え、論点を整理して、社内の関係部署と東京ガスとしての見解をまとめたり、必要であれば同業他社や、送配電事業者などからも話を聞いて各種調整をしています。会議の日程や詳細が決まってからでは準備は間に合わないため、常日頃から、「今後こういった課題が生まれるだろう」と予測するなど、事前のキャッチアップにも努めています。難しくもありますが、キャッチアップがうまくいき、自分の提案が受け入れられたときの満足度はとても大きいです。

INTERVIEW WITH

TAKAHIRO YAGI

02

現在のミッションにおける、
やりがい、魅力とは?

現在、容量市場や需給調整市場といった新しい電力市場の創設に関わる制度対応の担当をしています。また、発電所で発電した電力を無駄なく効率的に使うために、既存の電力ネットワークをどう活用するかといった議論も担当しています。新規参入者である東京ガスは、電力ネットワークの知見がまだまだ不足していますが、今後は技術的、社会的な観点から意見を提案していくことも求められ、そこに関われることは大きなやりがいです。

また、この業務は電力の発電・小売や需力トレーディング、電力ネットワークなど、電力事業のあらゆる制度に関わります。多岐にわたる電力制度を一通り理解しておく必要があり、制度変更時に自社や社会にどのような影響があるかを見抜かなくてはなりません。そのうえで、関係する部署から意見を聞き、時には外部の知見も参考にして、東京ガスとしての意見を取りまとめていきます。エネルギーは公共性が高いもの。社会の利益を大前提にしながら、自社の利益も損なわれないようバランスをとることが求められます。さらに難しいのは、当社が発電も小売も行っている点です。発電事業から見て有利な制度変更であっても、小売事業から見るとそうではないことがあります。加えて、ガス事業とのバランスもとらなくてはなりません。それらを見極めることは大変ではありますが、おもしろさでもあります。

03

これまでのキャリアと
これからのキャリア像を教えてください

電力企画Gの前は、分散型電源に関わる技術開発部門に所属していました。ここでは新しい電力市場に対応したビジネスを検討していたのですが、ビジネスを進めていくにあたり、関係する制度の課題に気付くようになりました。市場を発展させていくためには制度から関わらなくてはならないと思い異動を希望したところ、運よく配属が決定。今、前部署での実務経験は、政策担当者や有識者の方々に説得力ある知見として受け入れていただけることもあり、自分の中の原資となっています。

当社は、専門職もありますが、さまざまな職種を経験させてもらえる会社。学生時代にはわからなかった職種も実務を通して知ると興味深く、また部署を異動しても以前の経験を生かすことができます。何よりも社内の風通しがよく、若手であっても自由に発言させてもらい、聞いてもらえる環境で、成長を実感しています。

今後は、自分が関わった電力制度の基で、電源開発や電力トレーディングなど実務に近い業務を経験したいと思っています。将来的には、これらの経験をトータルで発揮できる、分散型電源と電力事業を結びつけるような仕事もしてみたいです。

仕事における誇りと喜び

まず、歴史のある東京ガスでありながら、電力事業はチャレンジしていく側の事業である点です。東京ガスの強みを活かしながら、今後拡大していく電力事業で新しいことを始められる喜びがあります。

そして、社会的にも今は電力システム改革の真っただ中。制度は一度決まると変えることが難しく、改革中の今だからこそ、変えていくことができるのです。2018年には再生可能エネルギー等に由来する非化石の価値を証書にして取引ができる「非化石価値取引市場」が創設されたり、2020年には発送電分離が行われるほか、発電設備の固定費の一部を卸電力市場とは別の仕組みで小売電気事業者から徴収する「容量市場」が立ち上がる予定です。2021年には、需給調整市場も登場。この数年だけを見てもさまざまな変化が起きているのです。この、一番面白い時期に関わり、自社に留まらず社会の利益に貢献することができる誇りは大きいです。

PREV

02 | MAMIKO HAYASHI

2009年度入社 | 文学部

INDEX

NEXT

04 | KOSUKE SHAKU

2012年度入社 | 理学系研究科