多くの人の暮らしに関わる公共施設が相手。
まさに「社会に役立つ」仕事の喜びがあります。

INTERVIEW WITH

TAKUMA
SHIMIZU

志水 拓磨

エネルギー提案営業

都市エネルギー事業部
官公庁営業グループ

WHY?
TOKYO
GAS

「じっくりコツコツ」型の
自分に合う仕事だと思った。

人々の暮らしを支える仕事がしたい、という思いで就職活動をしていた中で、東京ガスの説明会で「現場では今、高専生が強く求められている」という言葉を聞き、興味を持ったことがきっかけでした。具体的な仕事についても、プロフェッショナル職は業務のローテーションが長期的で、1つの分野で長く勤めることができるということでしたので、「じっくりコツコツ」取り組んでいく自分のスタイルにも合っていると思い、入社を決めました。配属となった営業の仕事では、たくさんの方が利用する公共施設のシステム提案を担当していますが、「人々の暮らしを支える」という自分の目標ともマッチしていて充実した毎日を過ごしています。

WHAT I DO

学校や公民館、図書館などの公共施設への
ガスシステム導入を提案。

業務用のガスシステムの導入を提案する営業部門で、自治体を担当しています。学校や役所、公民館、図書館など様々な公共の施設に対して、エネルギー源としてのガスの魅力、メリットをアピールし、給湯やガス空調をはじめとしたガスシステムの導入を推進していく仕事です。
自治体が計画する新しい施設などの情報をキャッチし、どのようなガス設備が適切かを検討し、環境面など様々なメリットと合わせて提案し導入を受注する、というのが大きな流れです。提案にあたっては、営業の先輩や上司はもちろん、他部署とも連携して魅力的な導入計画を策定することが肝心。東京ガスの「チーム力」で臨んでいます。

MOTIVATION

はじめて担当した
大型スポーツ施設の改修計画提案。

入社1年目に引き継いだ自治体で、大きなスポーツ施設の改修計画の提案に参加し、ガス空調システムの導入をいただいたことは大きな喜びでした。初めて自分で提案内容を考えた案件だったこともありますし、当時はまだまだ経験も浅く、失敗や学ぶことの多い案件でしたので、その経験が自分を大きく成長させてくれたと感じています。
私は電気電子工学の出身ですが、技術だけを追求するのではなく、チーム全体であらゆる角度からアプローチする営業の仕事はダイナミックで面白い。しかも、私は自治体を担当させていただいているので、自分が関わった施設がニュースで取り上げられたりすることも嬉しいですね。

PRIVATE

思い切り遊んで、思い切り寝る。

1日は思い切り遊んで、1日は思い切り寝る、というのが私の休日。好きなアーティストのライブに行ったり、買い物に行ったりという過ごし方をしていましたが、昨年から始めたスノーボードにすっかりハマってしまい、冬場の休日は雪山で過ごしています。

ONE DAY SCHEDULE

9:00 - 10:00

前日の営業報告や進行中案件の状況報告などを行いながら、どのようなアプローチ、提案を行うべきかなど、上司のアドバイスなどをもらう。

10:00 - 11:00

お客さまの元へガス設備導入の提案へ。他部署のスタッフに同行してもらうなど、チームとして提案活動に取り組む。

13:00 - 16:00

自治体の新しい施設の計画など、情報収集も営業の大切なミッションのひとつ。

16:30 - 17:30

1日の営業内容を報告書にまとめるとともに、関係部署への依頼など今後の提案に向けた段取りを行う。

PREV

02 | HONORI KOEDA

設備エンジニアリング事業部
首都圏東設備技術部
北部技術支援グループ

INDEX

NEXT

01 | YUSUKE KAMIMURA

根岸LNG基地
施設部
計装システムグループ