50年前、アラスカから日本初のLNG導入という一大プロジェクトを成し遂げたように、 私たちは“不確実な時代”といわれるこの先の時代においても、さまざまなテーマに挑戦し続け、 お客さま、社会、ビジネスパートナーとともに未来を切り拓いていきます。

脱炭素化の潮流

  • ●「脱炭素化」への世界的な社会要請の高まり
  • ●RE100 等への参加企業の増加

デジタル化の進展

  • ●暮らしにおける購買・コミュニケーション行動の変化
  • ●ビジネスにおける業務プロセスの効率化、働き方の変化

お客さまの価値観の
変化・多様化

  • ●消費行動の「モノ」から「コト」「価値」への変化
  • ●分散化の進展によるプロシューマーの増加

エネルギー自由化の進展

  • ●エネルギー事業者間の競争激化
  • ●業種の垣根を越える業界構造の変化

次世代のエネルギーシステムをリードしながら、
お客さま・社会・ビジネスパートナーとともに
価値を創出し続ける企業グループを目指す

東京ガスが取り組む3つの挑戦

挑戦01

「CO2ネット・ゼロ」をリード

●東京ガスグループの事業活動全体で、お客さま先を含めて排出するCO2をネット・ゼロにすることに挑戦し、脱炭素社会への移行をリードします。
●天然ガスの有効利用の技術・ノウハウを、電気・熱分野の脱炭素化やCO₂の回収技術にも活用していきます。
●2030年に向けては、日本の目標比率(注1)を超える1,000万トン規模の削減に貢献し、地球規模でのCO2排出削減をリードしていきます。
(注1)日本の目標比率:国連に提出した約束草案における温室効果ガス削減目標「2030年度に2013年度比で26%削減」

挑戦02

「価値共創」のエコシステム構築

●お客さまや、地域社会、異業種企業やベンチャー企業を含むビジネスパートナー、自治体等とともに価値を創り出す「価値共創」のエコシステムを構築します。
●エコシステムの多様な商品・技術・サービスを柔軟に組み合わせ、一人ひとりの暮らしから地域社会に至るまで、さまざまな課題を解決するソリューションを提供します。

挑戦03

LNGバリューチェーンの変革

●トレーディング、製造・発電、ネットワーク、カスタマーソリューションのそれぞれから多様な価値を創出・提供します。
●これまで培ってきた事業・ノウハウを「究め込む」とともに、新たな領域を「切り拓く」ことによって、価値を創出・提供するお客さまを拡大し、LNGバリューチェーンの各機能を最大化していきます。

「Compass 2030」に関するさらに詳しい情報はこちら